MENU

スポーツ障害

スポーツ障害について

スポーツの楽しさは年齢・性別・プロ・アマチュア関係なく平等なものであると言えます。しかし、全てのスポーツには常にスポーツ障害が発生しうる危険性があります。スポーツ障害は医学的には『使いすぎ症候群(オーバーユース)』といわれ、身体を酷使することで発生する疾患であるといえます。スポーツ障害はプロ・アマ問わずスポーツ選手の頭を痛める重要な問題となっています。しかし、適切な対処をすればスポーツ障害を回避することは十分に可能なのです。

代表的なスポーツ障害

  • 捻挫(ねんざ)
  • 打撲(うちみ)
  • 挫傷(肉ばなれ)
  • 靭帯損傷
  • 半月板損傷
  • アキレス腱炎
  • ジャンパー膝
  • 野球肩/肘
体調不良や痛みなど、お近くの整骨院(接骨院)・整形外科の受診をおすすめします

ぎっくり腰について

ぎっくり腰とは、何かのきっかけで急激に発生した腰痛のことで、医学的には『急性腰痛』といいます。
ぎっくり腰は、一般的な名称なので人によって傷めた場所は違います。

痛めやすい場所

仙腸関節の損傷臀部(お尻のえくぼあたり)に痛みがでます。
腰椎の損傷骨盤と背骨あたり、腰の中心をさします。
背筋や筋膜筋肉は繊維性の膜で包まれています。
専門的には脊柱起立筋・腰方形筋などと呼ばれている筋肉です。

スポーツ障害やケガを防止するためには?

Untitled-1_03Untitled-1_03-02Untitled-1_03-03

家庭での対処法は?

Untitled-1_03-04Untitled-1_03-05Untitled-1_03-06

処置風景

当院でのスポーツ障害に対する代表的な処置をご紹介します。

キネシオテーピング

伸縮性のあるテープを幹部に貼って、人間本来の自然治癒力を促進させます。

アイシング

氷や水などを用いて身体を局所的に冷却します。
10~15分が目安になります。

サポーター

関節部を冷えや衝撃などから保護します。

リハビリ風景

当院でのスポーツ障害に対する代表的なリハビリをご紹介します。