MENU

当院の代表的な手技

  • 関節を動かす筋肉が、思い通りに収縮・弛緩を行うよう、体の表面から皮膚や筋肉を もむ、さする、にたく、揺さぶる、などの動作で、血液の循環を良くして、筋肉の伸縮性を回復し、疲労を除去し、筋肉や関節の状態を艮くレます。

  • 筋肉のコリや、圧痛点や、筋膜の動きの悪い部位や、東洋医学で言うツボなどを見つけ、押圧により自然治癒力の働きを正常に戻そうとします。1 点圧を主体とレた静的な施術で、筋肉に対して真っ直ぐな圧をかけるので余計な刺激かなく、もみ返しも少ないです。

  • 当院では骨盤がゆがむから、骨格がゆがむから骨を矯正しようとは考えていません。体は日常の偏った使い方から筋肉の長さに3次元的に長さの違いが生まれその結果として骨がゆがむと考えています。体のゆがみを3次元的に見つけて、手技や矯正法や運動法によって、身についた体の悪いバランスの改善します。正しい姿勢に戻して自然治療力の働きを高め、怪我をしにくい、疲れにくい体作りが期待できます。

  • 当院ではIDストレッチングAKA伸長法筋膜ストレッチングPIR(ポスト・アイソメトリック・リラックス)いうストレッチ法を取り入れています。IDストレッチ(=個別的筋ストレッチング)は個々の筋肉の走行および筋連結を意識した他動的・個別的ストレッチングのことで、可動域および柔軟性の改善などを目的としています。AKA伸長法はストレッチと関節での骨の動きを改善を同時に行う方法です。伸ばすのは筋肉ばかりではありません。筋肉を包んでいる袋の筋膜も伸ばします。PIRとは筋肉の等尺性収縮を取り入れたストレッチ法です。

  • 関節に対してのものと筋膜に対してのものがあります。関節の遊びを使って関節を動かすことにより、可動域の増大を目的とします。また、関節琶取り巻く組織自体を柔軟にし、開節内部の栄養素の循環を良くします。筋膜の滑走性を向上させ動きの改善を図ります。

daihyouteki_03