MENU

手技による効果

動作を作り出すには関節が正常な範囲内で完全に動かなければなりません。
そのためには関節を動かす骨格筋が、思い通りに収縮・弛緩を行う必要があります。
マッサージの目的は、「筋肉や関節の状態」を良くすることにあります。
マッサージというと、まず「もむ」ことを想像しますが、あらゆる状況に対応するため、いくつものテクニックが用いられます。

例えば、もむ以外にもさすったり、圧迫したり、叩いたりする方法があります。
また、おなじ「もむ」という行為ひとつとってみても、手のひらを使うのか親指を使うのかで刺激の与え方が変わってきます。
こうした、様々な方法は目的や患者さまの身体の状況に応じて選択されます。
また、患者様とコミュニケーションを図りながら最適な力加減で行います。
このページでは我々が取り入れている手技を紹介します。

①圧迫法(あっぱくほう)
筋肉を押す手技です。筋肉に対してダイレクトに力が加わるぶん、強い刺激が与えられます。

②運動法
身体の特定部位を一定方向に動かすテクニックのことです。一定方向に繰り返し動かすことで筋肉の伸縮が繰り返され、筋肉が活性化されます。

③強擦法(きょうさつほう)
親指を垂直に押しあて、対象部位にねじ込むように動かします。関節にたまった老廃物を血中に排出させる働きがあります。

④軽擦法(けいさつほう)
軽くさする手技です。最初に軽くさすることで、筋肉の張りをとったり緊張をゆるめたりし、最後に行うことでもみほぐした筋肉を落ち着かせます。

⑤伸展法(しんてんほう)
筋肉を伸ばすストレッチ法のことです。筋肉や腱の緊張緩和や血行の促進効果をもたらします。

⑥振戦法(しんせんほう)
小刻みに振るわせて振動を与えます。リズミカルに振るわせることで、神経系の機能を高め、興奮を鎮める効果もあります。

⑦叩打法(こうだほう)
手のいろいろな部分を使ってリズミカルに叩く方法です。部位や目的にあった適切な刺激が与えられます。

⑧揉捏法(じゅうねつほう)
もむテクニックです。マッサージの方法として最もポピュラーです。

●IDストレッチング(個別的筋ストレッチング)とは
IDストレッチング(個別的筋ストレッチング)とは主に伸張性の低下した個々の筋肉を対象とし、可動域および柔軟性の改善などを目的として個々の筋繊維の走行および筋連結を意識した他動的ストレッチングです。

●IDストレッチング6つの効果

  • 筋肉の緊張の低下
  • 柔軟性の改善
  • 筋痛の緩和
  • 血液の循環の改善
  • 傷害の予防
  • 競技的パフォーマンスの向上

普通のストレッチングとの違いは
普通のストレッチングは専門的知識はさほど必要としないが、個別的筋ストレッチングは筋肉に関する解剖学的知識が豊富で、筋肉の走行や触診技術が必要である。

●関節マニピュレーションとは
機能不全を起こした関節に加えるセラピスト(治療者)の手による検査・治療のことを言い、関節面に平行な方向への操作(オシレーション)と関節面に対して垂直な方向への操作(牽引)の二つの方法があり、その目的は関節の遊びを使って関節を動かすことにより骨格筋に最大の無痛運動を回復させることにあります。
その手技には7つの効果があり、それらにより骨格筋に最大の無痛運動達成します。

●関節マニピュレーションの7つの効果

  • 関節の柔軟性の増進
  • 位置欠陥の矯正
  • 筋肉のリラクゼーション
  • 滑膜ヒダのロッキングの開放
  • 関節内の栄養の拡散
  • 椎間板ヘルニアの軽減
  • 心理的効果

注意点
この手技は、解剖学に詳しく、なおかつ経験豊富なセラピストでなければ、かえって傷害を拡大する恐れがあるので気をつけていただきたい。
なお、この手技のよって筋肉痛が発生する場合がありますが、治療後12時間以上続く場合以外は問題ではありません。
治療と治療の間隔ですが、2日程あけるのが適当であると思われます。